SEOキーワードツール「COMPASS」はPandra2の簡易版

SEOキーワードツールCOMPASSコンパスレビュー

 

当サイトの購入者さんから
「キーワードツールのCOMPASSが発売されてますが、どう思いますか?買おうか悩んでます」
とご質問頂いたので、試しに買ってみました。

 

公式ページを見る限りPandra2とそっくりなんですが、価格が4,980円とかなり安かったので即ポチりました。
(現在値上がりして7,980円です。上位ツールのPandra2は29,800円です)

 

COMPASSを使ってみた

 

使ってみた感じ、COMPASSはPandra2の簡易版のような位置付けのツールです。
ですが、サイト順位チェック機能に関してはPandra2よりもCOMPASSの方がグレードが高いものでした。

 

キーワード取得機能

COMPASSコンパスキーワード調査画面

 

まずはメインの機能であるキーワード検索からご紹介。
キーワード取得したい場合は上記のように調べたい語句を入力して、検索開始すると、

 

 

COMPASSコンパスキーワード取得結果

 

キーワード候補がズラッといっぺんに取得できます。
これをCSVファイルでエクスポートして、Googleスプレッドシートやエクセルで絞り込んでいく作業になります。

 

ちなみに私がキーワード候補を考える時は、まず自分の頭で出して、その後キーワードツールで取得して絞り込み、その後いろんなサイトのレビューや記事を見て購入に繋がりそうなキーワードを取得、最後にもう1度キーワード全体を見返して絞り込む流れです。
これをグーグルスプレッドシート上で行っています。

 

 

キーワード取得掘り下げ設定

COMPASSキーワード掘り下げ機能

 

キーワードの掘り下げ設定も3階層まで可能で、掘り下げるほど多くのキーワードを取得できます。
虫眼鏡キーワードもチェックを入れれば取得できます。
この辺はPandra2と全く同じですね。

 

トレンドキーワード取得機能

COMPASSコンパストレンドキーワード取得

 

現在のトレンドキーワード取得も簡単で、Yahoo、Google、Goo、Wikipediaの検索急上昇キーワードを「トレンドワード取得開始」のボタンをクリックするだけで取得できます。

 

これもPandra2と同じでした。

 

COMPASSサイト順位チェック機能

COMPASSコンパスサイト順位チェック機能画面

 

COMPASSのサイト順位チェック機能は、Pandra2よりもチェックできる項目が増えていました。

 

COMPASSではPandra2のサイト順位チェック機能に、

 

  • サイトがスマホ対応されているか?
  • PCでの順位は何位か?
  • スマホでの順位は何位か?
  • 前回の順位チェックとの差はどのくらいか?

 

の項目が追加されています。

 

 

COMPASSサイト順位サーチ設定

 

PCだけの順位を取得、スマホだけの順位を取得、または両方の端末の順位を取得する設定も出来ます。
これはPandra2には無い設定と項目なのでありがたい部分です。

 

GRCと違って順位取得回数も登録数も無制限です。

 

GRCからの乗り換え可能

年間9,680円のコストがかかるGRCのデータをインポートして同じようにグラフ化することも出来ます。

 

ただし買い切り版の欠点はバージョンアップ。
COMPASSが継続して売れ続ければその売り上げを人件費に回して、運営側がバージョンアップに費用を割けますが、売れなくなって赤字になれば「サービスを打ち切りします」という可能性も考えられます。

 

対してGRCは年間ライセンスで運営に入る見込みのキャッシュが想定しやすいので、継続して運営出来やすい。
これだと順位サーチプログラムのバージョンアップ運営も安心、というわけです。

 

とはいえ、もしCOMPASSのバージョンアップ運営が終了になれば、エクスポートデータを元に再度GRCに取り込めば良いですね。

 

 

URL/ドメイン調査機能

COMPASSの公式サイトだと
「中古ドメインも調査できる」と紛らわしい文言がありましたが、
これは自分でURLを入力して、「そのドメインに被リンクが付いているか?ページランクはいくつか?」などの情報を取得するものです。

 

キーワードを入れれば勝手に中古ドメインを探してくれる探査ツールの「ラビエル」や「SCKコロンブス」とは違うものなので、注意が必要です。

 

 

ちなみにこの機能はあまり使い物にならなく、

 

COMPASSコンパスURLドメイン調査管理画面

 

ページランクの情報取得は問題ないのですが、被リンク数の取得はほとんど機能してません。
おそらくOSEのAPIを使って被リンク情報を取得しているとのでしょう。
つまり、COMPASSのドメイン・被リンク調査機能は、SEOチェキと同じ精度です。

 

 

しっかり被リンクやドメイン分析をしたいのであれば、有料のahrefsのツールを使う以外に方法はありません。
SEOチェキやOSEで被リンクチェックして「0」と結果が出ても、ahrefsやグーグルウェブマスターツールでで調査すれば被リンクが100個200個付いている結果が出ることが多々あります。

 

 

とはいえCOMPASSは価格が安いですから、被リンクチェックにそこまでの精度を求めるのは酷かと思います。

 

真剣に中古ドメイン調査をするのであれば、年間10万円のコストをかけてahrefsを使う以外に道はありません。
(アフィリエイトB経由で申し込めば月額ライセンスなら10%オフできますが、年間ライセンスよりは高くなります)

 

アフィリエイトB Ahrefs10%オフ詳細

 

 

Pandra2とCOMPASSとの違いはPPCサーチ機能の有無

COMPASSの機能は以上になりますが、Pandra2の場合はこれらに加えてPPC広告サーチが出来ます。

 

YahooリスティングやGoogleアドワーズで出稿されている広告の種類と、その広告がどんなキーワードで出稿されているか簡単に調査できる機能です。

 

詳しくはPandra2のレビューをご参考ください。

 

 

このPPCサーチではたまに美味しいキーワードを取得出来るので私も重宝しているのですが、COMPASSは価格を安くするかわりにこの機能を削ったキーワードツールなのでしょう。

 

COMPASSを使ってみたところ、Pandra2から機能を削っただけなので開発費もほとんどかかってないでしょうから、買い切り価格でも7,980円で提供できるのかと思われます。

 

COMPASSはどんな人にお勧めか?

 

  • サイト順位チェックツール(GRC)などを持っていない人。GRCから乗り換えしたい人。(GRCは年間9,680円かかりますので)
  • 候補キーワードを簡単に網羅的に取得したい
  • トレンドキーワードを簡単に取得したい
  • PPCをしていない人、参入は考えていない人
  • Pandra2(29,800円)は高くて手が出せなかった人

 

COMPASSのメリットは何より安いし、買い切りで使えること。キーワード取得と順位チェックは楽ですので、コストパフォーマンスは悪くないと思います。
動作も軽いです。GRCにキーワード取得機能が付いたようなツールです。

 

Compassの公式サイトの作りはアフィリエイトツール販売にありがちな胡散臭さも感じますが、ツール性能としては特に問題は無し。

 

Pandra2と比べてスマホの順位チェックが出来るのが良いと思いました。サイトの順位チェック機能が無制限で使える点も良いです。
サイト構築前にキーワードを簡単に網羅的に取得するのにも役立ちます。

 

買い切り7,980円というコストから考えれば、パフォーマンスは十分良いんじゃないかと思います。

 

 

 

キーワードツールCOMPASS公式へ

 

 

2015年11月5日追記:特典のお知らせ

 

COMPASSの販売がインフォトップに移った為、11月6日以降に当サイト経由でCOMPASSをご購入頂いた場合、追加で取扱い商品一覧ページの商品番号1~19からどれか1つ商品をご購入頂いた場合、当サイトの通常特典とプレミアム特典が付きます。

 

>>当サイトの特典内容詳細

 

ご検討いただければ幸いです。

【管理人マナからの告知】
今ならほとんどの商品で新作テンプレが使える!申込期限は2018年12月15日中迄!
シリウス特典カスタムテンプレートB広告

新作はお陰様で大好評頂いております!2018年12月15日迄で特別特典にてキュート版配布 SIRIUS特典テンプレートfinegrandバナー

SIRIUSの機能解説 限定特典ご案内 限定特典付き購入方法 カスタマイズ&小技 アフィリエイトログ