SIRIUSシリウスでサイトマップ送信は簡単

サイトマップロゴ1

SIRIUSシリウスでのサイトマップ送信方法を説明します。

 

SIRIUSシリウスではサイトマップファイルはデフォルトで自動生成されているため、簡単にサイトマップ送信を行うこと出来ます。
1度送信するだけでOKですので、必ずやっておきましょう。

 

なぜサイトマップを送信する必要があるか

Googleはロボット(=クローラー)を使って、リンクからリンクを辿ってページ内容を巡回しています。ですが、Googleでは全てのアドレスやページを巡回するという保証はしていません。

 

もし自分が有益なページを作成したとしても、クローラーが巡回してくれなくて検索エンジン上に反映されなかったら悲しいですよね。

 

そこで、クローラーが巡回しやすいようGoogleウェブマスターにサイトマップを送信しておくことで、クローラーがページを巡回しやすくなります。

 

クローラーが巡回したページがGoogle基準に沿ったものであれば、インデックスされて検索結果に反映されるようになります。

 

Googleのサイトマップについての説明

サイトマップ送信方法

Googleウェブマスターツールにログインします。
ウェブマスターツールにサイト登録していない場合は、事前にGoogleウェブマスターツール登録を行ってください。

 

サイトマップ送信前の確認事項

SIRIUSシリウスのデフォルト設定ではサイトマップファイルが自動生成するようになっていますが、念のため生成設定になっているか事前に確認しましょう。

 

SIRIUSシリウス編集画面上部リボンバーのサイトオプションをクリックすると、設定状況が見れます。
「RSS/サイトマップの生成」が「生成する」になっていることを予め確認しておきましょう。
SIRIUSシリウスサイトマップ生成設定画面

 

Googleウェブマスターツール画面

登録したサイトの「サイトを管理」をクリックします。

ウェブマスターツールのサイト登録完了

 

このような画面が表示されるので、「サイトマップ」をクリック。

ウェブマスターサイトマップ

 

「サイトマップの追加」をクリックします。
枠の空欄に「 sitemaps.xml 」と記入したら「サイトマップを送信」をクリック。

SIRIUSシリウスサイトマップファイルの記入

 

サイトマップ送信が完了しました。サイトマップは1度送信すればOKです。後にページを追加・更新しても、Googleが自動的にサイトマップを更新していきます。
もしサイト全体の大きな変更をした場合は、再度サイトマップの送信をしておくことをオススメします。

SIRIUSシリウスサイトマップ送信完了画面

 

管理人マナ画像右

 

サイトマップを送信してもインデックスは完全とはいえません。
そこで、「Ping送信」も行うとより効果的です!
SIRIUSシリウスではPing送信が簡単に出来ます。
複数サイトへのPing送信がボタン1個で出来る優れた機能です。

 

または、PingzoneもオススメのPing送信サイトです。
サイトURLを入れるだけでまとめて複数サイトへPing送信してくれるうえに、無料会員登録をすればページ更新都度自動的にPing送信してくれるので便利です。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

まとめてPing送信機能

 

共感を得る為に画像・イラスト活用が大切

 

クラス設定でHTMLをスッキリ!

 

タイトルの付け方

 

H1タグ、META説明文、METAキーワードの書き方

 

H2~H6タグの使い方

 

strongタグとリンクの使い方

 

Googleウェブマスターツール登録

 

グーグルアナリティクスを導入する

 

canonical属性を付加する

【管理人マナからの告知】
今ならほとんどの商品で新作テンプレが使える!申込期限は2017年5月31日中迄!
シリウス特典カスタムテンプレートB広告

新作はお陰様で大好評頂いております!期間限定でキュート版配布中! SIRIUS特典テンプレートfinegrandバナー

SIRIUSの機能解説 限定特典ご案内 限定特典付き購入方法 カスタマイズ&小技 アフィリエイトログ