SIRIUS(シリウス)最新バージョン1.2.7 ( 1.2.7.1 )の詳細情報

こんにちは。岩手県盛岡市のアフィリエイター マナです。(プロフィールはこちら)

 

 

2017年4月4日、SIRIUSの最新バージョン1.2.7.1が行われましたので詳細をご案内します。

 

【バージョンアップ内容と新機能】

 

  • ページの絞り込み機能
  • パンくずリストのマークアップ機能
  • サイトオプションにXML宣言を記述するかどうかの設定を追加
  • デザインモードの挙動修正
  • 将来に向けた新機能追加による新規タグの追加
  • 細かい調整

 

ページの絞り込み機能追加

SIRIUSページ検索機能追加

 

念願だった、ページ絞り込み機能が追加されました。
今までは既存ページの更新を行う時に、目視でタイトルを探す必要がありましたが、ページ絞り込み機能でタイトルからエントリーページを検索できるようになりました。

 

サイト構成の虫眼鏡マークをクリックして、キーワードを打ち込むだけです。
戻る時は消しゴムマークをクリックします。

 

 

パンくずリストのマークアップ機能

SIRIUSパンくずリスト構造化マークアップ機能

 

サイトのパンくずリストの構造を、グーグルに正しく伝えるための機能になります。

 

今までだと、パンくずリストの構造が正しく伝わっていないことがありましたが、この機能を使う事で解決できます。
サイトオプション>サイトの表示に関する設定から利用できます。

 

構造化マークアップが正しく行われているかは、グーグルの構造化テストツールを使います。

 

【関連ページ】グーグル構造化テストツール

 

何かのエントリーページのURLを入れてチェックしてみてください。

 

SIRIUSサイトのパンくずリスト構造化マークアップ

 

マークアップされていれば、画面右に構造化データが表示されます。
内部SEO上、少し有利になる可能性があります。

 

 

サイトオプションにXML宣言を記述するかどうかの設定を追加

SIRIUSサイトオプションXML記述宣言

 

XML宣言の記述のオンオフ機能が追加になりました。
特定の条件下において、サイト上で「Parse error: syntax error, unexpected T_STRING in ~ Line 1」というエラーが表示される事がありましたが、「XML宣言の記述をしない」設定にすることで、問題を解決することができます。

 

デフォルトでは「XML宣言を記述する」になっています。

 

 

将来に向けた新機能追加による新規タグの追加

将来のバージョンアップ&新機能追加に向けて、新規独自タグが追加されたようです。

 

まだ詳細は公開されていませんが、きっと便利な機能になると思います。

 

 

今回のバージョンアップについては以上です。
ずっと無料でバージョンアップして頂けるのは本当にありがたいことです。

 

 

2016年11月15日のバージョンアップ内容

2016年11月15日、バージョン1.261のアップデートが行われましたので、詳細をご案内致します。

 

iPhoneサイトのプレビュー時の画像処理を変更

iPhoneサイトをプレビューした際に、画像のファイル名を「○○._spreview.jpg」という形式で出力するように変更されています。

 

これにより特定の条件下においてiPhoneサイトの画像が更新されない問題を解決しています。
(プレビュー用の画像ファイルは、サイトの生成時に削除されます。テンプレートに含まれる画像は._spreview.jpgファイルは生成されません。

 

リンク設定機能で、外部サイトの選択方式を変更

リンクの挿入機能で外部サイトへのリンクを挿入する場合、カテゴリーの並び方がSIRIUS独自のものになっていましたが、これをサイト管理画面と同じ並び順に変更されました。

 

 

画像管理画面から、iPhoneサイト用の画像フォルダに直接アクセスできる機能を追加

画像管理画面の上部メニューにある「画像フォルダ」を開くからiPhoneサイトの画像フォルダを直接開けるように調整しました。

 

 

SIRIUS画像フォルダの選択方法

 

独自タグの処理を追加

今後発表するテンプレートにおいて利用する独自タグを複数追加。
何が追加されるか楽しみです!!

 

 

SIRIUS最新バージョンアップの方法

バージョンアップの方法は、ヘルプから「自動バージョンアップ」を選択するだけです。
もし自動バージョンアップに失敗してしまう場合は、手動バージョンアップをしてください。

 

【関連記事】SIRIUS(シリウス)のバージョンアップが中止したり失敗する場合の対処法

 

 

おかげさまで当サイトのプレミアム特典も沢山の方から好評を頂いております。よろしければご検討頂ければと思います。

 

>>プレミアム会員特典のご案内

 

1.230のバージョンアップ情報

2015年5月31日、SIRIUS(シリウス)はスマートフォン対応に強化するべく、バージョン1.2 ( 1.2.3.0 )にアップグレードしました。

 

 

概要と目的

2015年4月21日から、Googleのモバイル検索上にて、スマートフォンに最適化されたサイト(=モバイルフレンドリーなサイト)の検索順位が優遇される事が発表されました。

 

今回のバージョンアップでは、「iPhoneサイト同時生成機能」周りの大幅な強化を行っています。

 

 

SIRIUS Ver1.230の主な修正点

iPhoneサイト設定にMobileLinkDiscoveryの設定項目を追加

 

 

今回のバージョンアップにて、検索エンジンにスマホ用のURLを示すことができる「Mobile Link Discovery」を設定することができるようになりました。

 

これにより、Googleの提唱する「モバイルフレンドリー」への対策を強化することができます。

 

Mobile Link Discoveryに関する詳細は、下記のページにて解説していますのでご確認ください。

 

 

 

Mobile Link Discoveryに関する詳細

 

テンプレート、および共通ファイルの再適用について

 

今回のバージョンアップでは、iPhoneサイトのテンプレートの初期化、および共通スタイルシートの変更を行っています。

 

下記のURLをご参照いただいた上で、各種操作を行ってください。

 

 

iPhoneテンプレートの初期化について

 

 

共通ファイルの初期化、再適用について

 

 

 

その他修正点

 

  • iPhoneサイトの自動振り分けを設定した際に、.htaccessにHTTPヘッダーの設定を付加するように変更
  • iPhoneサイトの自動振り分け設定で、Androidタブレットと、Windows Phoneの振り分け条件を変更
  • iPhoneサイト設定に、スタイルシートの最適化機能を追加
  • iPhoneサイト設定に、画像のキャッシュ化機能を追加
  • iPhoneサイトのviewportを微調整
  • 共通スタイルシートの調整
  • サイトURLを、https://からでも指定できるように変更
  • カスタマイズ用に<% pageHeaderImage2 %>タグを追加(レスポンシブテンプレでの利用)
  • その他、細かな調整

 

 

 

なお、SCKやレスポンシブのスマホ用テンプレートに修正はありません。

 

初期化・修正が必要なものは、デフォルトのスマホ用テンプレートのみとなるそうです。

 

以上。

 

2013年10月18日のバージョンアップ情報

いつも当サイトにご訪問頂きありがとうございます。

 

2013年10月18日、SIRIUS(シリウス)がバージョン1.200に大幅バージョンアップをしました。

 

それに合わせて、当サイトの特典テンプレートも最新バージョンに全て対応済です。
これから当サイトでご購入予定の方でも、特典テンプレートはすぐに最新版でお使い頂けます。

 

では今回SIRIUS(シリウス)1.200のバージョンアップについての詳細情報です。

 

とりあえず購入者サイトの情報内容そのままです。詳しいレビューや使い方は今後SIRIUSカスタマイズや小技でどんどん情報公開していきます。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

SIRIUS(シリウス)バージョンアップ方法

 

  1. SIRIUSを起動させる
  2. 上部メニューの「ヘルプ」→「自動バージョンアップ」を選択する
  3. 案内に従ってバージョンアップを行う

 

 

※自動バージョンアップに失敗してしまう場合は、一度Windowsを再起動した上で、再度バージョンアップを行ってみてください。

 

それでもバージョンアップできないようであれば、オンラインマニュアルの「バージョンアップ」のページをご参照の上、手動にてバージョンアップを行ってください。

 

テンプレートの初期化について

今回のバージョンアップでは、PCおよびiPhone(スマートフォン)サイトのテンプレートを修正を行っています。

 

バージョンアップが完了しましたら、SIRIUSのサイト管理画面の上部メニューにある

 

「システム」→「テンプレートの初期化(及びiPhoneサイトテンプレートの初期化)」を選択し、テンプレートを初期化していただきますようお願いいたします。

 

シリウスで作成済の既存サイトについて

 

テンプレートの初期化を行っても、既存のサイトには影響はありませんので、修正内容を適用したい場合はテンプレートを再選択する必要があります。

 

ユーザーズページに記載している手順に従って、テンプレートを選択し直していただきますようお願いします。

 

テンプレートをカスタマイズしている場合

テンプレートの再選択を行うと、カスタマイズした内容が初期化されてしまいます。

 

テンプレートをご自分でカスタマイズしている場合、
SIRIUSの上部メニューにある「テンプレート」→「独自タグを最新の状態に更新」から、テンプレートを自動修正することができますので、こちらをお試しください。

 

※ただし、スタイルなどは自動調整されませんので、ご自分で設定していただく必要があります。

 

 

SIRIUS 最新バージョンVer1.200の主な変更点

 

サイト生成を大幅に高速化

 

 

今回のバージョンアップにより、サイト生成の速度が大幅に高速化されました。

 

サイトの設定やPC環境にもよりますが、1.5~30倍程度の速度でサイト生成ができるようになっています。

 

100ページ以上のサイトでもサクサク生成できますのでぜひ一度体感してみてください。

 

アップロード処理を最適化

今回のアップデートでは、アップロードの内部処理も見直し、より安定してアップロードが出来るようになりました。

 

回線速度やPC環境によってアップロードの速度が最適化され、よりスムーズにサイトを更新することができます

 

また、「アップ先の自動判別機能」の処理も変更し、全てのサーバーで利用できるようになりました。

 

間違ったフォルダにサイトをアップロードしてしまう事も少なくなっています。

 

フッターメニューを追加

サイト下部のフッター部分に、任意でメニューを設定できるようになりました。

 

アフィリエイトサイトでよく利用する「リンク集」や「特商法に関する表記」などのリンクを簡単に設定できるようになっています。

 

各ページのHEADタグ設定機能を追加

上級者向けの設定となりますが、ページ毎にタグの内容を記述する事ができるようになりました。

 

たとえば特定のページでのみjavascriptを読み込みたい場合や、別のページへ転送させたい場合など、様々な用途に利用する事ができます。

 

携帯、iPhone(スマートフォン)同時生成機能に「改行の最適化」オプションを追加

各同時生成機能に「改行の最適化」オプションを追加しました。

 

これまで、PC向けに句読点で改行を入れていた場合、スマートフォンや携帯端末では読みにくい場合がありましたが、この問題を本機能で解決しています。

 

たとえばPCサイトで、

 

 

 サンプルテキストです。
 サンプルテキストです、サンプルテキストです、
 サンプルテキストです。

 

 

という形式で改行を入れている場合、改行の最適化をオンにすると、

 

 

 サンプルテキストです。サンプルテキストです、サンプルテキストです、サンプルテキストです。

 

 

という形で改行が削除されます。(空白行はそのまま反映されます)

 

これにより、意図しない場所で改行される事がなくなり、
スマートフォンなどのモバイル端末でも記事が読みやすくなっています。

 

アクセス解析をHEADタグ内に移動するオプションを追加

 

 

デフォルトでは、</body>タグの近くにアクセス解析タグが設置されるようになっていますが、
一括して</head>タグの直前に移動させる事ができるようになりました。

 

アクセス解析にGoogleアナリティクスを利用している場合は、
サイトオプションの「アクセス解析の位置」の項目を変更する事で、
Googleの推奨する位置にアクセス解析を設定する事が可能です。

 

※Googleアナリティクスを利用していない場合は、設定を変更する必要はありません。

 

 

内蔵プレビューをWebkitベースに変更

iPhoneサイトのプレビューなどで利用している「内蔵プレビュー機能」ですが、内部のブラウザエンジンを変更しました。

 

Googleクロムや、iOS、Androidなどのスマートフォン端末などで
採用されているブラウザエンジンを使っていますので、
より実機に近い形でプレビューが可能になっています。

 

iPhoneサイトの画像表示を、デフォルトで中央揃えに

 

 

これまでのデフォルト設定では、画像が縮小されるだけだっため、iPhoneサイトの表示が崩れてしまう場合がありました。

 

この問題を解決するため、画像の表示方法をデフォルトで中央揃えになるように改良し、より見やすいサイトが生成できるようになっています。

 

なお、既存のサイトには影響しませんので、既存サイトの画像を中央揃えにしたい場合は、iPhoneサイト設定の「詳細設定」→「記事中の画像」の項目で中央揃えにするよう設定し直してください。

 

iPhoneサイトにトップメニュー、フッターメニューを追加

iPhoneサイト上で、トップメニュー及びフッターメニューを表示できるようにしました。

 

PCサイトとは異なるメニューにする事も可能ですので、サイト内容に応じて設定してみてください。

 

 

サイドメニューに、配下のエントリーページ数を表示できるオプションを追加

サイドメニュー上に表示されるカテゴリーページに、配下のエントリーページ数を表示できるようになりました。
(デフォルトでは非表示になっています)

 

この設定をオンにする事で、ブログのように記事数を表示できるようになっていますのでサイト内容に応じて設定を行ってみてください。

 

 

独自タグの追加

 

 

「次のページ」、「前のページ」へのリンクを自動的に表示できる独自タグを追加しました。

 

テンプレート内に組み込むことで、ブログのような前後のページへ移動できる内部リンクを簡単に挿入することが可能です。

 

 

 ※デフォルトでは組み込まれていませんので、
 ご自分でお好きな場所に <% relNavigation1 %> という
 独自タグを追加してください。

 

テンプレートの微修正

 

今回の機能追加により、テンプレートの微修正を行いました。

 

新機能用の独自タグを追加している他、スタイルシートの微修正も行っています。

 

注意・警告などのスタイルも修正しており、1行でも綺麗に表示する事ができるようになっています。

 

 

その他、細かな修正

 

  • 自動バージョンアップ機能を改良
  • トップページだけのサイトの場合、サイトマップページを生成しないように修正
  • 文字コードをUTF-8にしている場合、BOMなしにするよう修正
  • iPhoneサイトの画像縮小処理を改良し、より高画質に生成できるように修正
  • その他の微修正

 

 

なお、各機能の詳細については、SIRIUSのユーザーズページの方に記載しています。

 

ユーザーズページにログインした上で、ご確認いただきますようお願いいたします。

 

Net Framework4への移行のお願い

今回のバージョンアップに伴い、SIRIUSの必須環境が変更となっております。

 

 

以前までは、「.Net Framework2.0」がインストールされていれば動作するようになっていましたが、今回のバージョンアップにより「.Net Framework4.0」が必須となります。

 

Windows 7、及び 8をご利用の場合は、最初からインストールされた状態となっていますが、、それ以前のOSをご利用の方は、下記のURLをご参照の上で、「.Net Framework4」がインストールされているかどうかのご確認をお願いいたします。

 

http://acesweb.co.jp/support/sirius_verup/

【管理人マナからの告知】
今ならほとんどの商品で新作テンプレが使える!申込期限は2017年5月31日中迄!
シリウス特典カスタムテンプレートB広告

新作はお陰様で大好評頂いております!期間限定でキュート版配布中! SIRIUS特典テンプレートfinegrandバナー

SIRIUSの機能解説 限定特典ご案内 限定特典付き購入方法 カスタマイズ&小技 アフィリエイトログ